税務調査のご相談

国税庁の出先機関である税務署の業務の中で、法人・個人の税務申告が正しいものであるか調査することを「税務調査」といいます。 調査に来る税務調査官の人数は、調査規模によって違いますが大体1〜3名です。一般的な調査日数は2〜3日で終わりますが、状況によっては日数が延長する場合もあります。 税務調査には、納税者の同意を得て行われる「任意調査」と悪質な課税逃れが見込まれる場合に行われる「強制調査」があります。一般的には「任意調査」となり、保管している帳票類、証憑類、記録を調べ代表者から状況を聞き取り、税金の申告が適正であるかどうかの確認をします。申告結果が適正なものであれば、あえて調査をする必要はありませんが、年ごとに多様化している税制で、間違った判断をしてしまい申告していることも考えられますので、これらを明らかにする為にも税務調査が行われるのです。 税務調査を断ることはできませんが、とにかくあわてずに落ち着いて対応することが大切です。

お問合わせフォームへ

税務の相談

最新のお知らせ

2013
経営革新等支援機関
に認定されました。
経営に関するご相談は、お気軽にお申し付け下さい。

無料ダウンロード

↓windowsのエクセルで作成したものです。用途によってダウンロードしてお使いください。

現金出納帳

棚卸入力フォーム

見積書

googleマップへ

国税庁ホームページ

みんなでECOを始めよう!